正しい勉強法でTOEIC対策をする

TOEICとはTest of English for International Communicationの略で、現場でも通用する英語の運用能力を測るための試験です。現場で、とは日常・非日常のシーンで、ビジネスで、学術的な用途で、というレベルを意味します。TOIECといえば通常はListening & Reading Test(以下L&Rと略称)を指します。これは聴解と読解を中心に据えた試験であり、ネイティブの会話や朗読などのナレーションを聴いて設問に答える、英文を読んで設問に答えたり穴埋め問題を解くという方法で行なわれます。したがって要求される能力は、聴解・読解・文法力・語彙力であり、書く・話す以外の能力が総合的に評価される試験です。結果はスコアで現され、今日では就職活動で700点以上を、ビジネスで英語を用いる人は900点以上を、という目標設定がなされます。

まずは一度TOEICを受験してみましょう。

L&Rで高得点を得るには、どのように勉強すれば良いのでしょうか。いちばん良いのは実力を診断するために、まずは一度受験してみることです。英語力が非常に正確に得点に反映されますので、まぐれや凡ミスで得点が左右されるということはほとんどないと考えられます。そして得られた得点を認識し、次回の受験の際の目標点を定めます。目安としては高校生上級であれば700点、すなわち大学受験の英語試験にパスできる能力があると言えます。ビジネスで英語の実務がある人は、ネイティブの「国語力」相当の実力が求められますので、900点と設定すればよく、その間にいくつかのステップを設けて勉強と受験を繰り返します。得点結果を見て、語彙力・文法力・読解力・聴解力のいずれか、またはすべてを向上させて行く勉強をし、次回の受験に備えます。

TOEICで高得点を得る勉強方法。

例えば日本人は普通日本語を日常的に使っています。だからといってみな一様に国語力というものが高いかどうかはまた別の問題です。国語力を鍛えるには、語彙力から始まって論理構成までに及ぶ勉強が必要です。L&Rの場合はそれが国語から英語に置き換わっただけのことですから、やはり簡単にスコアをあげていく方法というものはありません。語彙・文法細則・読解力・聴解力を総合的に向上させて、論理的な思考ができるようにするというレベルの勉強が必要です。語彙を鍛えようとして単語集などを用いて覚える方法もありますが、それだけでは十分ではありません。まず正しい発音で単語を覚えます。正しい発音ができれば、聴き取りが上手になります。そしてひとつの単語を覚える際には、その単語を用いて即興的に短文を作ることができる程度にブラッシュアップしましょう。そして文法書を一冊、例文を暗唱しながら仕上げ、各分野について英語で書かれた本を多読する、というのが正しい勉強方法ということになるでしょう。

授業では、多くの出版社も認める最高水準の当校オリジナル教材を使用。 GW・夏期・冬期には4日間の短期集中講座を開催! 当社のサービスはTOEICの受験・試験対策で、本物の英語力を高めることを目的に、TOEICの得点という明確な形でその成果をあげています。 TOEICの得点をアップし、ビジネスで通用する本物の英語力を培うという目的で追求・開発した学習法が成果を上げるイングリッシュスクールです。 TOEIC指導といえばエッセンス イングリッシュ スクール